冬はこたつに入ると足元から暖かくして過ごす事ができ、快適に生活できます。こたつは石油ファンヒーターなどと違ってやや電力を消費しますが、最近ではファンヒーターと組み合わせて活用する温風ダクトを使ってこたつを暖めることで、電気代を一円も使わずにこたつの中を暖める事ができ、テレビなどよく話題として取り上げられているため注目されています。また、気温が寒いときにおいてはたくさんの家族とこたつを使って過ごすことで、電気代は幾分かかってしまっても石油ファンヒーターだけで暖を取るよりも電気料金をなるべくかけずに体を暖かくする事ができ、経済的です。その製品にもよりますが、こたつに使われている電熱線からは赤外線や遠赤外線が出るものもあるため体を芯から温める事ができ、冬でもつらい冷えから体を守る事にもつながります。

家族と一緒に住んでいる家庭なら、こたつに入る事で家族団らんの場としても活用できます。みんなでコタツを囲んでみかんを食べたりしながら会話をするのは、幸せを作るための大切な時間にもなります。最近では一人暮らしの家庭が多くなってきているため、コタツを使わずとも不自由しないという人も多いでしょうが、しかしコタツは一人暮らしでも使い方次第で有効に活用する事ができます。一人暮らしの家でも使いやすい小型のコタツが販売されているため、この小型コタツを活用すると電気料金も節約でき、一日中暖かくして過ごす事ができます。コタツに入りながらテレビを見たり食事を取ったり、仕事の残りがあるなら、コタツにパソコンを置いて仕事の続きをする事もできます。疲れたらそのままコタツの中で仮眠を取る事もでき、一人暮らしの家庭においてもコタツはとても便利に使う事ができる省エネアイテムです。どんなコタツでも、コタツを使っていない時期はテーブルとして活用する事もできるため、他の時期はテーブルとしてコタツを兼用できるのも良い点です。コタツが万が一故障してしまった場合には、コタツに設置されている電熱線のユニットを交換する事ができます。電気量販店やホームセンターなどでキットが販売されている事があるため、このキットを活用して修理を行う事ができます。

交換をするためにはキットの説明書を参照しながらドライバーなどの工具を活用してメンテナンスを行います。コタツコードが故障した時にも、上記のキットと同じように代替品が販売されているため、キットとコタツコードとを一緒にメンテナンスする事で、より長く大切に使う事ができます。