暖房器具のひとつであるこたつは、和風から洋風の様式の住居にかかわらず親しまれています。歴史は古く、日本では室町時代に中国から禅宗の僧侶がもたらしたと言われています。当時はもちろん電気がなかったので、木炭などを使って温めていました。囲炉裏の上にやぐらを作り、その上に布団などをかけて温まっていたのと違い、現代ではテーブルの裏に電気装置が付けられていてスペースを取ることなく足を入れることが出来ます。また、和室のない住居も増え、直接床に座らないで生活をする人も増えたため、こたつテーブルと言われるローテーブルだけでなく、ダイニングテーブルにもこたつ装置が付けられています。こたつは形は少しずつ変化しているけれども、愛され続けています。現代では沢山の暖房器具があります。エアコンや石油ストーブ、セラミックヒーターや床暖房もあります。

エアコンやセラミックヒーターなどは比較的最近から使われるようになりましたが、それでもこたつが愛され続ける理由は何なのでしょうか。エアコンはどちらかというと、冷房として使った方が効果的です。暖房として使うと、冷房よりも電気代も高く、また部屋全体を温めるよりも部屋の上部が温まるので足先が冷たいままになってしまったりします。また、石油ストーブなどは灯油を使うため、小さな子供などがいると安全面が気になります。アパートなどでは灯油の使用禁止などもあったりするので、セラミックヒーターなどを使う人が多くなります。しかし、こたつは足を温める効果があるので、体が温まりやすくなります。炬燵は暖房器具単独として使うことは少ないでしょう。併用して使うことで、より体を温める効果があるのです。また、頭寒足熱という言葉があります。頭部を冷たく冷やし、足部を温めることは健康に良いとされてきました。その文化も未だ残っているのでしょう。電気代も安く、温まる炬燵はこれからも住まいで使われていくのでしょう。こたつが使用されているのは、住まいだけではありません。面白いことに、列車にも利用されていたりします。居酒屋や旅館などにも使用されていて、なぜか炬燵があると懐かしい気持ちになってしまいます。

家族や仲間でひとつのテーブルを囲んで座る、おしゃべりをしたり、食事をしたりするのは楽しいものです。家族団らんをするためにも一つ、リビングに置いておくのも一つの手かもしれません。ただ、一度入ると出たくなくなるのだけは注意しましょう。